プリスタとは

2018年のトレンドヘアカラーは鮮やかで刺激的な攻め色バイブラントカラーに決まり!

Jan 22, 2018

10~20代を中心にヘアカラーはここ最近ハイトーン派がじわじわと増加!2018年はさらにヘアカラーを積極的に楽しみたいというムードが高まっています。そんなタイミングで資生堂のサロン用ヘアカラー剤・プリミエンスから「バイブラントカラー」が2月22日に新登場します!今回はその魅力をお伝えしたいと思います!!

バイブラントカラーとは

VIBRANT(バイブラント)とは、直訳すると「(色が)鮮やかな、力強い、振動する」という意味を持ちます。

プリミエンスの新商品である「バイブラントカラー」はその名の通り鮮やかで刺激的な色が表現できる全7色相12色のラインナップとなっています!

黒髪を打ち消すような、しっかりと主張する色調で、一線を画す鮮やかさを手に入れられます。

暗髪で絶妙なニュアンスカラーを楽しむのもよし、
デザインカラーでポイント的に鮮やかな色にトライしてみるのもよし、
ブリーチして思いっきり色を楽しむのもよし、
その時の気分に合わせて色んなヘアカラーが楽しめます♪

バイブラントカラーの鮮やかな発色のヒミツは?

プリミエンスは日本人の髪の赤みにも対応し、肌色をキレイに見せるベースカラー「イエローイッシュブラウン」が入っていますが、そのベースカラーを最小限に抑え、その替わりに鮮やかな染料を多く入れて色調設計しています。

それによって、マニキュアのような鮮やかさがありつつも、シックでオシャレな色みを実現しているんです!

イエローイッシュブラウンは抑えられていますが、赤みにはグリーン、黄みにはバイオレットやブルーバイオレットなど、バイブラントカラーに配置されたクリアで力強い色みによって、しっかりと元の髪色をカバーできます。

また、プリミエンスはバイブラントカラーも含め、資生堂独自開発のSヒアルロン酸をはじめとし、シアバターやアルギニンなど、うるおい成分もたっぷり配合されていて、とろけるような超リッチな質感が特長♡
鮮やかな髪色を手に入れるためには、うるおいが必要なので、プリミエンスがもともと持つ特長との相乗効果もあり、バイブラントカラーは一線を画す高彩度・高発色の仕上がりに!

バイブラントカラーは攻め色を楽しみつつも、超リッチなうるおいが手に入るので、ヘアカラーを積極的にチェンジしたいオシャレ女子にはマストのヘアカラー剤なのです!


そんなバイブラントカラーを使用したおすすめヘアカラーは暗髪部分をさりげないニュアンスカラーにしつつポイントで鮮やかな色を楽しめるデザインカラー!

イチオシは毛先をメインに色を楽しめるグラデーションカラー

鮮やかな色を全体的にまとうのにはちょっと抵抗がある。。。
職場で派手な色はNG。。。

いきなり鮮やかな色に挑戦するには勇気がいりますよね。
そんな時はグラデーションカラーからトライしてみるのはいかがでしょうか?

上の写真のようなグラデーションカラーなら、
オフの日はダウンヘアでオシャレ感の強いブルーを思いっきり楽しんで、
オンの日はシニヨンやアップヘアなどで毛先を隠すことができるので、
デザインカラー初心者もトライしやすくおすすめ!

すでに人気のあるインナーカラーはポイントで色を楽しめるのでおすすめ

インナーカラーはモデルやタレントも多く取り入れ、既に人気のヘアカラーですが、髪の内側で色を楽しむヘアカラーになるので、鮮やかな色を試してみたいという方に打ってつけのトライアルカラーです!

上の写真は、全体はピンクレッド系の色みでありがながらも、オレンジのインナーカラーがチラ見えし、
自然な色差になっているため、インナーカラーの唐突感がなく、女性らしさや色っぽさも感じさせるデザイン。

ベースは暗めの色でインナーカラーだけ鮮やかにして、アクセントカラ―を楽しむのも、もちろん可愛い♡
ベースを暗めにしておけば、オンの日はインナーカラーを隠せるので、オンオフ問わず色んなシチュエーションでヘアカラーを楽しめますよ!

バングカラーは少ないダメージ&短時間でイメチェン効果大!

バング周りを中心に入れるデザインカラーは少ない髪面積でのブリーチになるので、髪の毛への負担が少なく、かつ短時間で仕上がります。

しかも、前髪は1センチ切ったり、巻いたりするだけでも印象がガラリと変わって見えるパーツなので、気軽にイメチェンしたい方にもおすすめ!

バングカラーは色の印象が際立つので、周りの子と差がつくリアルモード感も手に入ります。
上の写真はカーキ色が主張し、カジュアルながらもスタイリッシュな印象に!
チョイスする色次第で色んなイメージにチェンジできますよ☆

新外国人風ヘアカラーはトレンドに敏感なオシャレ女子に

今まで「外国人風ヘアカラー」と言うと、アッシュやグレージュをイメージすることが多かったと思いますが、オシャレ女子がいち早く取り入れ始めているのは、カッパー系の色みで外国人の赤毛を表現したヘアカラー。

上の写真は、スタイリングも強めのカーリーヘアにすることで、さらに外国人風の赤毛感を際立たせています。
全体にウィービングが入ったデザインカラーなので、髪の動きをスタイリングで出して、毎日違った雰囲気に仕上げたいオシャレ女子におすすめです!



攻め色「バイブラントカラー」は美容師さんと相談しながら、自分好みの色を楽しめる万能カラー。
2018年はデザインカラーで鮮やかな色にトライしてみませんか?
プリミエンスで攻め色も超リッチなうるおいも手に入れちゃいましょう♡

hair:Kyoka Mitsuyama(Dot+LIM)

プリミエンススタイル
プロフィールを見る

レポート・ニュース

レポート・ニュースをもっと見る